あなたの心にある光

人間、その日その日の心の色を表現しながら生きています。 それ故に、その日その日で一定しない結果が現れるのです。 一定しない心の色、その奥には真の心が誰にでもあるのです。 しかしそれを覆い隠しているのです。 子供から大人になっていく過程で、この世の矛盾に対応できなかったり、また己の至らなさを隠そうとしたり(意識はなくても)、様々な理由から自分の殻というものを作ってしまう…

続きを読む

継続

大きな事故にギリギリ巻き込まれなかったり、事故にあっても大したことがない被害者側であったり、不幸中の幸いということがあります。 その瞬間からしばらくの間は、よかったという思いを抱くかもしれませんが、それだけで終わってしまうのが常です。 なぜ、大変なことにはならなかったとしても、そういう状況に出会ったのかということまでは考えません。 考える方がおかしいのかもしれませんが(多数決…

続きを読む

周りに目を向けていくこと

親やパートナーなどいつもお世話になっている人たちにあなたは感謝をしているでしょうか。 親しい間柄であるが故に、照れ臭かったり、言わなくてもわかるだろうと、感謝を表現しない人は多いものです。 言葉にしなくても伝わることもあるかもしれませんが、皆が皆、人の思いを的確かつ敏感に察することができるわけではありません。 また何となく伝わっているからいいだろう、というわけにはいきません…

続きを読む