生と死

人間はいとも簡単に操られるものなのです。 何に操られるのか。 それは己の魂であり、また侵入者であり、要するに人間は時として自分の意識とは別の想いに動かされてしまうのです。 以前も書きましたが、人間は唯一自分の物だと言えるのは精神だけです。 肉体も魂も、自分の物であるようでいて、それは人間の思い込みなのです。 肉体は借り物、魂は預かり物、そして生命は人間の意識…

続きを読む

神仏との接し方

神さん、仏さん、と言っても今は接する事の少ない時代です。 家庭内で仏壇や神棚のある所は減っていますし、神仏といえば宗教という感覚しかありません。 要するに今の人は神仏に接する事もなく、また接し方も知らないのです。 親が教えてこなかった、神仏とは宗教の世界、そういう事になってしまったのです。 そのために私の元に訪れた方も私の話す神(真たる神、そして己の魂)を理…

続きを読む

不思議な現象

誰もいない部屋で物が燃える・・・ これは霊現象でしょうか、不思議な現象でしょうか。 物が燃える、この場合は大抵は人間の仕業です。 ただし、火をつけた本人が自意識のない状態で操られているならば、火をつけた記憶も部屋に入った記憶もないでしょうから、結局は「誰も火をつけていない」という事になるでしょう。 人間の脳をコントロールする者、それが魂なのか霊なのか神(万の…

続きを読む