意志

魂とは意志なのです。 たとえば、目の前に一枚の絵があったとします。 その絵は元は何もなかったものです。 無から生まれた有なのです。 何もなかったところで、「絵を書こう」という意志があり、想いとして(イメージとして)絵の構図が浮かび、それに伴う行動としてキャンバスの前で絵筆を握り、一枚の絵が生まれるのです。 この宇宙も一つの想いから生まれたのです。 全てが…

続きを読む

求める答え

この世に存在する人間の数だけ悩みがあります。 そしてその答えというものは、いつも己の心にあるのです。 ところが人はその心に振り回されてしまうのです。 自分らしさを求めても、その自分の心はその時々で変わってしまうからです。 理想と現実の狭間で自分を求め、探しているのです。 探しているうちはまだ見つかる可能性もありますが、いつ見つかるとも判らずにいつの間にか探す事…

続きを読む

得体の知れない不安

この世に存在する人間の数だけ不安というものは存在します。 家庭内の問題、健康の問題、金銭の問題、仕事の問題、容姿の問題、数え切れない問題に不安というものが付きまとっています。 そういう不安とは別に、誰にでも共通する不安があります。 現実的な不安ではなく、何ともいえない不安、自分でも判らないのになぜが不安を感じるのです。 それが何か、そう問うてみたとしても、漠然として得…

続きを読む