受け入れるという事

人間の心理として、他人より優位でありたい、そう思うものがあります。 自覚のあるなしに関わらず、そういう気持ちが誰にでもあるのです。 それ故に、自分の知らない事や経験上ありえない事などを素直に受け入れ、認める事ができないのです。 他人より優位でありたい、その気持ちの存在を知ったとしても、まだ受け入れられないのは、己の器の小ささではないでしょうか。 そういう気持ちが自分に…

続きを読む

他人は自分の鏡

うちの妻は言う事を聞かない、うちの子は素直じゃない、私の部下は使えない、自分以外の人間の性格等を変えようとしてもそれは無理な話です。 相手を変える前に己を見なくてはなりません。 自分に都合の悪い事をする配偶者や子供、部下や上司、そういう人間関係の中で何に気付かなくてはならないのかを知らなくてはなりません。 自分の至らない点を教えてくれるのは、神でもなく魂でもなく他人なので…

続きを読む

神仏とは

人は生きるために「神仏」を作り上げてしまいました。 人間の作った神仏であれ、長年人間があるという思いで携わってきたゆえに、それは「ある」というものになりました。 しかし人間は人間の都合で神仏と接するために、そのしっぺ返しにあうのです。 利用できるものは何でも利用する、しかし利用するからには何かを返さなくてはなりません。 神仏だから無料だとか、神仏だから何も要求しない…

続きを読む